人気ブログランキング |

ヨカヨカタイワン。 yokatai55.exblog.jp

フラフラと旅した記録など。時々マニアックに、我愛台湾。


by yaoyao55
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

祝你旅遊愉快!

【はじめに】
九州からだと下手に国内を旅行するより安い・・・と聞いて2009年3月に初めて行ってみた台湾。
最初の1回でその魅力にどっぷりハマり、お金と時間が許す度に年に数回フラフラ行くようになりました。

a0207624_09335920.jpg

泊まったホテル・行ったお店・買った物などなど、そんな旅の記録を備忘録も兼ねて載せていこうと思います。
同じ店に再訪した&同じ物を買った際、内容の一部を新しい情報に書き換えて再アップしています。
よって新しい記事と過去記事が前後し、ブログ内時系列がちょっとズレているところがあります。

基本的に『庶民の旅』なので、豪華なホテル・豪華な食事は一切載っていません(´∀`)哈哈哈
ブログから漏れた写真は、Instagramにぽつぽつと掲載しています。
よろしかったらそちらもご覧ください。→ 

※価格は私が最後に行った時のものなので、現地では随時変動があると思います。常に最新情報ではないという事をご了承ください。
※この記事を常にトップにしておきたいので、年月日が未来形です。



【お願い】
拙ブログを参考に旅して下さるのは、大変大変嬉しい事です。
お役に立てていれば、なお嬉しいです。

もし、あなたのブログ記事にリンクして下さる場合は、

①事前にInstagram経由でご連絡いただく
②該当記事の内容と共に
・ブログ名; ヨカヨカタイワン。
・URL; https://yokatai55.exblog.jp/
を併記していただく

の2点をお願いします。
(いずれかでもOKです)

素人の備忘録代わりのブログといえども、
時間をかけて調べ、
文章を考え、
必要とあらば中国語や英語で問い合わせをし、
何度も訪問することでお店の方と信頼関係を築いて、
・・・等と、それなりの努力をして書いています。
(記事内容には、無断引用するとすぐわかるような特殊な情報源からのものも含まれています。)

文章をコピー&ペーストして丸々切り取ったり、
第三者が当ブログの記事と見間違うような構成にしたり、
そういう手段でご自分の記事にするのは一切お断りします。
特に、
法人運営HPキュレーションサイトまとめサイト
は、もってのほかです。
拙ブログの記事内容があなたのサイトに必要な場合は、必ずお声掛けください。

度を越して悪質な場合は、個人・法人問わず使用料請求・法的な解決も視野に入れさせていただきます。

同じ『台湾好き』でブログやHPを運営している方なら、この辺りの気持ちをご理解頂けると信じています。

a0207624_09344641.jpg

また、当ブログのアフィリエイト収入はゼロです。
全て自分の働いたお金を使って渡台しています。



2019年9月/ yaoyao55 記。

# by yaoyao55 | 2020-12-31 10:00 | 挨拶&告知。

台南・名東現烤蛋糕。

※2017年8月10日の記事に、2019年9月加筆&写真を一部差し替えました。



ここ数年ほど台湾では
『ふんわりプルプルで食べると口の中でシュワッと溶けるような』
ケーキが流行っています。
しかし、台南にはそういうケーキのお店が2014年から既にありました(´∀`)
他の台湾ブログ記事でもよく目にしていたそのお店は、名東現烤蛋糕

a0207624_11050242.jpg
前回(2017年7月)は平日・月曜の16時頃訪問。
土日は大変な行列になると聞いていたのであえて平日を狙いましたが、それでも下写真のように並んでます。
ケーキはどんどん焼きあがっているものの、1人のお客さんが一度に結構な量を買うので追い付いていないようです。

a0207624_11280265.jpg
今回(2019年7月)は土曜日の正午前に訪問。
悪天候なこともあり、2~3人の先客でスムーズに買えました。
本当に「その時のタイミング」ですね。

a0207624_12495417.jpg


販売されるケーキの味は、1日3種類。
曜日替わりです。

a0207624_12554818.jpg

私が行った際は
*月曜;オリジナル・かぼちゃチーズ・黒糖
*土曜;オリジナル・かぼちゃチーズ天使檸檬
でした。

店先にも一覧表がありますよ。
期間限定味などの告知は、公式FBをチェック。

a0207624_12574209.jpg

さて、注文方法です。

①欲しい味と量をスタッフに伝える
基本的に1斤(600g)いくらの量り売りです。
斤で伝えるか、gで伝えるかはおまかせ。
下写真は、価格表。
量り売りなのでピッタリ〇〇gとはならず前後する点を理解しておきましょう。

小分けカットはしてもらえませんが、1斤以上の大きい塊になるとプラスチックナイフが1本付いてきます。

a0207624_13004253.jpg

②計量後、会計
量り売りなので、支払いは商品と引き換えです。

会計時に、クッキングシートに包んだケーキを箱か袋かどちらに入れるか聞かれます。
箱入りは、箱代が別途10元プラス。
袋入りは、袋代が別途1元プラス
※箱は大小2種類あり、どちらも10元

a0207624_13184656.jpg
a0207624_14052273.jpg

ここまで伝えて支払額確定となります。

a0207624_13171425.jpg
a0207624_13065251.jpg

日本まで持ち帰るなら、絶対に箱入りで!
台湾で食べきってしまうなら、袋入りで大丈夫です。

a0207624_11484326.jpg

③買う商品が品切れの場合、出来上がるまで待つ
在庫がない場合は待ちになります。
出来上がったら「○○1個、▲▲2個注文の方!」という風に呼ばれます。
列に並んでジッと待ちましょう。
人によって注文種類や量が違うので、順番が前後することもあります。

a0207624_15441983.jpg
a0207624_13191228.jpg
a0207624_13195329.jpg

焼き上がり待ちのケーキは、ダウンタイム含め15~30分待つことも。
後の時間に余裕をもって買うことをおススメします。

a0207624_14063466.jpg
しかし、出来たてケーキのフワフワ具合を見ると、待つのも苦ではないほどゴクリと生唾。
この厚み、素晴らしいですね。

a0207624_11570040.jpg


今までに、オリジナル・かぼちゃチーズ・レモンを買いました。
手渡されると、ズシッとした重量感。
それなのに、どれもスフレ感が強くフワッフワ(´∀`)
手のひらに乗せると、袋や箱の中でプルプル震えます。


オリジナル(原味)
0.97斤×90元=87元
毎日販売している、本当にプレーンなケーキ。
口当たりはスフレチーズケーキです。
冷やすとギュッと詰まった感じに。
味はシンプルであっさりとしており、甘い飲み物と一緒でも大丈夫なくらい甘さ控えめです。
おやつとしてだけではなく、ご飯(主食)にもなりそう。
※ケーキの高さは下写真のつまようじを参照ください

a0207624_13260508.jpg
a0207624_13265734.jpg
a0207624_13271979.jpg

かぼちゃチーズ(南瓜乳酪)
1.033斤×143元=148元
練りこまれたかぼちゃのおかげで、生地がほんのり黄金色。
生地断面には、かぼちゃの繊維がうっすら見えるほどです。
上部にパルメザンチーズとシュレッドチーズとかぼちゃの種が大胆にトッピングされています。
生地の自然な甘さと表面のチーズの塩気が絶妙。
一口食べるともう一口・・・とあとを引きますよ。
かぼちゃの種のカリッとした香ばしいアクセントも最高。

a0207624_11551567.jpg
a0207624_12435049.jpg
・レモン(天使檸檬)
0.93斤×153元=142元
オリジナルに比べて白めの生地は、シンプルでふわふわなスフレケーキ。
そのケーキで、甘酸っぱいレモンクリームをサンドしています。
上部には、砕いたパイ生地をたっぷりトッピング。

他のケーキに比べてスフレ感は控えめに感じました。
しかし、レモンクリームの爽やかな甘酸っぱさが暑い夏の台南にピッタリ。
一口食べると、このクリーム+ケーキ+パイの良いところを合わせた風味が口に広がります。
※ケーキの高さは下写真のティーバッグを参照ください

a0207624_13371522.jpg
a0207624_13374171.jpg
a0207624_13381971.jpg

いずれも焼きたてを食べると、
『口に入れてフワッ→噛んでシュワッ』
とちょっと感動的な食感です。
ホテルで冷やして食べると、フワプル加減が落ち着いて
『フワモチッ』
に変化します。
どちらの食感もアリですよ。


下は、ショーケースと持ち帰り箱に書いてある注意書きです。

【保存方法】
①焼きたてのケーキは、箱の蓋や袋の口を閉めないで下さい。
 ※焼き立てで湯気が出て、水滴がケーキに落ちて湿気るので
②防腐剤を使っていないので、冷蔵庫で保管して下さい。
③冷蔵庫で保管する時は、箱の蓋・袋の口を閉じて下さい。
 ※ケーキの乾燥を防ぐため
④冷蔵保存したケーキは2~3日で食べきって下さい。
⑤2~3日で食べ終わらない時は冷凍保存し、一週間以内に食べきって下さい。
 ※冷凍の際は乾燥や冷凍焼け防止のため、ラップなどで密封することをおススメ

【食べ方】
①冷蔵庫から出したものを、そのまま食べることができます。
②電子レンジで10秒ほど温めると、出来立てのように美味しく食べられます。
 ※フワプルが復活します
③冷凍した場合は、解凍して食べて下さい。
 ※室温で解凍後、レンジで温めるorそのまま食べる

a0207624_13554936.jpg
a0207624_13560406.jpg

口当たりは軽いですが、食べ進めると結構お腹にたまってきます。
1斤買っても、食べ歩きをする台湾では完食が難しいかもしれません。
そう考えると、10元払っても箱入りにする方がいいと思います。
※最初の訪問時、袋入りにしたので日本に持ち帰るのが大変でした

日本のスフレチーズケーキに似ていますが、このお店独特の生地のきめ細かさとフワプル加減が忘れられなくなりました。
ついつい台南へ行くと、買いに行ってしまいます(´∀`)
好みの味を求めるなら、訪問曜日の調整が必須。
是非一度ご賞味ください!

a0207624_14025182.jpg
a0207624_14030678.jpg

*************

住所; 台南市中正區民正路二段95號
電話番号; 06-222-1199、0932-826017
営業時間; 7:00~19:00(売切れまで)
定休日; なし
地図;


※音量注意!でも必見!!
 百聞は一見に如かずな動画です。


# by yaoyao55 | 2019-09-16 14:00 | 飲食~南部。

台南・藺草工坊。

※2018年6月28日の記事に、2019年9月加筆&写真を一部差し替えました。



2017年夏にバッグを購入してすこぶる気に入り、2018年1月・7月、2019年7月と再々現地の工房へお邪魔しています。
台南・西港區の藺草工坊です。

a0207624_16593719.jpg
場所は、台南中心部から北へ車で30分の位置にある西港區の東端・檨林里
佳里區と麻豆區の南にある、というとわかりやすいかもしれません。
米・さつまいも・トウモロコシ・ごまが特産の、自然が多いのんびりした街です。

a0207624_11004516.jpg
藺草は、日本語にするとい草
畳表やゴザに使われているので、日本人にもなじみ深いですね。
檨林里産の「三角藺草」という品種を使って、こちらの商品は作られています。

a0207624_11151364.jpg
畑の中にある静かな住宅街。
素通りしてしまいそうなくらいシンプルな看板を見つけましょう(´∀`)

a0207624_14595385.jpg
門から入って、すぐ右側の建物が作業場。

a0207624_10211182.jpg

リノベーションされた昔ながらの建物には、職人さんのミシンの音だけがガタガタと響きます。
なんと、職人さんはこの地区の女性達。
西港の藺草工場が閉鎖危機に直面した際、その伝統と技術が絶えないよう、そして女性が伝統の職を身につけようと立ち上がったのだそうです。

a0207624_10220335.jpg
a0207624_16421390.jpg
a0207624_16421797.jpg
a0207624_16420292.jpg
編んで大きな面にしたい草を、一つ一つ丁寧に手作業で形作ります。

a0207624_11495872.jpg
a0207624_10262467.jpg

形作る際、編んだい草を一旦水で湿らせ、扱いやすい柔らかさにします。
乾いたままだと、折れたり割れたりするのだそう。
作業途中の物を触らせてもらうと、かなりしっとり。
でも、しなやかに曲がります。

a0207624_11484195.jpg
形を整えつつミシンをかけたら、下写真の様に乾燥。
乾いてから、裏地を付ける細かい作業に進むのだとか。

a0207624_11573034.jpg
作業場の外にある中庭には、基になる三角藺草の花壇がありました。

a0207624_11514819.jpg
a0207624_11524483.jpg
晴れた日は、中庭で乾燥させることも。
絵になりますね(´∀`)

a0207624_16440014.jpg
できあがった商品は、昔ながらの三合院造りの建物に展示されています。
こちらも綺麗にリノベーションされ、正面・向かって右の2つの棟が展示スペースです。

a0207624_10290645.jpg

まず正面の棟。
なんともレトロな佇まい。

a0207624_10300591.jpg
a0207624_10303087.jpg

以前別記事で紹介した、二十四節氣包(二十四節気バッグ)がズラリ!
24色全て揃っていました(´∀`)
全色揃ったところを見ると、さすがに興奮します。
写真で見るよりも、実物の色はより繊細で美しいです。

a0207624_10323142.jpg
a0207624_10323142.jpg

サイズなどの詳細は、過去記事をご覧ください。



もちろん他にも素敵な商品が。
このデニムと併せたバッグ(1,500元)。
中生地の小花柄がまた可愛い!
かなり良かったのですが、迷った末に買わず・・・。
猛烈に後悔したので、気に入った商品は『一期一会』と思って買うことをお勧めします。

a0207624_15382176.jpg
a0207624_15385755.jpg
a0207624_15390736.jpg
・ショルダーバッグ
・トートバッグ
ポシェット
・クラッチバッグ
・ペンケース
・・・と形も大きさも様々です。

a0207624_10364514.jpg
a0207624_10370274.jpg
a0207624_15421029.jpg
続いて、右の棟。
少し天井が低めで、昔ながらの窓枠がオシャレ!

a0207624_10375964.jpg
a0207624_10382437.jpg

バッグの大きいもの・小さなもの、そして手ごろな価格の小物類が充実しています。

a0207624_15512216.jpg


数ある中から、特に目にとまったバッグを少しご紹介します。

①上下を帆布、中央を藺草、持ち手は皮の「2色~3色トート」
S・M;1,200元
L・XL;2,980元
下写真は左がS(30×23×15cm)、右がM(30×33×7cm)
ちなみにL(34×29×10cm)、XL(36×30×9cm)です
a0207624_15522892.jpg
②底角4ヶ所を皮加工した藺草バッグ、持ち手も皮の「水餃トート」
S;2,280元 (10×19×18cm)
M;2,580元 (11×21.5×20cm)
※下写真はS

a0207624_16012569.jpg
a0207624_16030894.jpg

③側面と底角4ヶ所を皮加工した藺草バッグ、持ち手も皮の「ボックスバッグ」
4,980元
詳細なサイズは不明ですが、A4サイズが横向きで入る大きさ
マチもたっぷり
※大きいサイズなので、注文を受けてから作るそうです

a0207624_16054457.jpg
小物類からは、数多くの中の一部を。

①パスケース/名札
200元 (11.5×9.5cm)
※縁取りは、皮や布から選べます

a0207624_16104206.jpg
名刺入れ 300元 (11.5×8.5×1cm)
小銭入れ  値段・サイズ不明
コースター 120元 (12×12cm)
ティッシュケース 120元 (15.5×10cm)
※左から順に

a0207624_16120088.jpg


い草だけで作られた商品は、シンプルで温かみがあります。
皮や帆布・デニムと併せると、また違った味が。
伝統ある製法はそのままに新たなデザインを積極的に取りいれ、懐かしくも新しい品物が日々制作されています。

完全手作りなので、サイズによってはお値段がそれなりに・・・。
しかし、実際手に取ってみれば、それだけの価値がある・むしろ安いと実感できると思います。

台湾では、様々な展示会で販売されひそかな人気になっています。
最近は地元の商工会・学校も、多く見学に訪れるそうです。

まだ設立して日が浅いこともあり知名度的にはこれからですが、きっと近い将来、新たな台南の有名な特産品になるでしょう(´∀`)

a0207624_16315766.jpg
a0207624_16321454.jpg

職人兼接客のスタッフの皆さんは、日本語はほぼ通じません。
しかし、簡単な英語や筆談で明るく接してくれます。
作業の邪魔にならないよう気を付けつつ、どうぞ現地で商品の素晴らしさを体感してください(´∀`)

a0207624_12385210.jpg

*******

住所; 台南市西港區檨林里24號
電話; 06-795-9504
営業時間; 8:00~17:00
定休日; なし(旧正月除く)
地図;

a0207624_16531472.jpg


【行き方】
便利な場所ではありませんので、色々調べた上での乗継ぎや徒歩が好きな方向きです。

①車で;
台南火車站から18.7km、約30分

②バスで;
台南火車站から直で行ける橘11線は1日3本(営業時間内なら2本)
藍幹線で西港まで行って橘11線に乗り換えた方が本数多い

a0207624_17201237.jpg

<Aパターン>
橘11線時刻表)で台南火車站(北站)バス停→後營バス停、約55分・82元(交通系カードで56元)
降車後、後營バス停から南45道路を東へ1.9km・徒歩24分

a0207624_11431368.jpg
a0207624_12322375.jpg
a0207624_12340394.jpg

<Bパターン>
藍幹線時刻表)で台南火車站(北站)バス停→西港バス停、約45分・58元(交通系カードで32元)
乗り換えて、 橘11線時刻表)で西港バス停→後營バス停、約5分・26元(交通系カードで0元)
降車後、 後營バス停から南45道路を東へ1.9km・徒歩24分

a0207624_17242957.jpg

帰りはこれらの逆。
後營バス停近くに7-11・ドリンクスタンド
西港バス停付近は7-11・全家・ドリンクスタンド・飲食店
などがあります。
流しのタクシーはまず望めません。
※呼べばある

a0207624_12310132.jpg

【商品委託先は、こちら】


# by yaoyao55 | 2019-09-13 12:00 | 買い物~南部。