ヨカヨカタイワン。 yokatai55.exblog.jp

フラフラと旅した記録など。時々マニアックに、我愛台湾。


by yaoyao55
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

祝你旅遊愉快!

【はじめに】
九州からだと下手に国内を旅行するより安い・・・と聞いて2009年3月に初めて行ってみた台湾。
最初の1回でその魅力にどっぷりハマり、お金と時間が許す度に年に数回フラフラ行くようになりました。

a0207624_09335920.jpg

泊まったホテル・行ったお店・買った物などなど、そんな旅の記録を備忘録がてら載せていこうと思います。
同じ店に再訪した&同じ物を買った際、内容の一部を新しい情報に書き換えて再アップしています。
よって新しい記事と過去記事が前後し、ブログ内時系列がちょっとズレているところがあります。

基本的に『庶民の旅』なので、豪華なホテル・豪華な食事は一切載っていません(´∀`)哈哈哈
ブログから漏れた写真は、Instagramにぽつぽつと掲載しています。
よろしかったらそちらもご覧ください。→ 

※価格は私が最後に行った時のものなので、現地では随時変動があると思います。常に最新情報ではないという事をご了承ください。
※この記事を常にトップにしておきたいので、年月日が未来形です。



【お願い】
拙ブログを参考に旅して下さるのは、大変大変嬉しい事です。

が、その後、
文章をコピー&ペーストして丸々切り取ったり、
他人が当ブログの記事と見間違うような構成にしたり、
そういう手段でご自分の記事にするのは一切お断りします。
特に、
キュレーションサイトまとめサイト
は、もってのほかです。

素人の備忘録代わりのブログといえども、
時間をかけて調べ考え、
必要とあらば中国語や英語で問い合わせをし、
何度も訪問することでお店の方と信頼関係を築いて、
・・・等と、それなりの努力・出費をして書いています。
(記事内容には、無断引用するとすぐわかるような特殊な情報源からのものも含まれています。)

度を越して悪質な場合は、個人・法人問わず、使用料請求・法的な解決も視野に入れさせていただきます。

もし、あなたのブログ記事にリンクして下さる場合は、該当記事の内容と共に

・ブログ名; ヨカヨカタイワン。
・URL; https://yokatai55.exblog.jp/

を併記して下さい。
よろしくお願いします。

同じ『台湾好き』でブログやHPを運営している方なら、この辺りの気持ちをご理解頂けると信じています。

a0207624_09344641.jpg


2019年1月/ yaoyao55 記。

# by yaoyao55 | 2020-12-31 00:00 | 挨拶&告知。
Twitterのリツイートで回ってきて知った、台湾のコストコで売っているマイバッグ。
正式名称は「臺灣地圖購物袋」
2018年11月に内湖店へ行き、買いました。

レジで商品を乗せる台の下辺りに、段ボールに入って置いてあります。
1枚39元。

a0207624_12083953.jpg

持ち帰って、サイズ確認。
縦37.5×横51.5×まち28のビッグサイズです。
上辺から持ち手を伸ばすと、
長いほうは40
短いほうは12
でした。
長いほうは楽々と肩掛けできます。
(単位は全てcm)

a0207624_12120538.jpg
a0207624_12141687.jpg

開いて中を見るとこういう感じ。
両脇に縦長のボトルを支えるホルダーが2ヶ所あります。
2リットルのペットボトルが差し込めるくらいの直径です。

a0207624_12142571.jpg
コストコで買い物する際はもちろん、クリーニングする服を持っていく際に便利なこの袋。
安いし軽いので、台湾好きな方へのお土産にもいいと思います(´∀`)

a0207624_12252049.jpg
もし会員証を持っているなら、全世界共通ですし、ぜひ一度覗いてみませんか?



# by yaoyao55 | 2019-01-17 10:00 | 買い物~その他雑貨系。
2018年11月にLCCで台湾へ行った帰国時、久しぶりに飛行機の預け荷物のリミットを確実に超えてしまう事態になりました。

a0207624_14413239.jpg

この場合、過去記事にも書いたように
①規定重量まで減らすよう試行錯誤で工夫する。
②超過手荷物料金を払い、預け荷物にする。
③小包で送る。
の3択になります。

①は、到底無理。
②は、元々バニラエアで20kgまでOKにしてましたが、それもゆうに超えます。
一人旅だったので、この大きさの段ボールとスーツケースを持ってMRTに乗るのは無理。
だからと言ってタクシーで空港まで移動すると高くつく。
よって、再び③の小包にしました。

今回もまた
『台湾から日本へ郵便小包で荷物を送る』
ことについて、自分がやってみた流れを記録しておきます。
これが100%正しいやり方、というものではありません。
あくまで私の体験談としてご覧ください。

ちなみにEMS・船便ではなく、普通の航空便にしました。
また、日本と台湾という「漢字圏」の国同士での郵送なので、英語ではなくほぼ漢字で記入してます

*****

発送方法は郵便以外もありますが、郵便小包だと別送品扱いで20万円の免税枠があります。
免税になるかならないかは大事なので、郵便局を使いました。

20万円の免税枠とは、海外で買って自分が日本で使う物、その価格合計が20万円以内なら課税されないということです。
但し、20万円とは飛行機に持ち込む&預ける「携行品」と、郵送する「別送品」の合計です。
1品1万円以下のものは原則免税となるので、免税枠に入れなくてもOK。
酒・タバコ・香水はまた別換算です。
詳しくは税関のHP(こちら)をご覧ください。



【A】梱包
送付できる荷物は
・重さ;30kgまで
・大きさは長さ最大1.5m、長さと横周の合計3m以内
です。

今回の荷物は、51×31×40cm、10.54kgで規定内。
問題は
「外箱に書いてる商品名と中身が完全に一致しない」
という点です。
箱に書いてあるクラッカーを入れてもまだ隙間があるので、他のお菓子や雑貨も入れたのですが、そうすると税関で面倒だという話を聞いたので・・・。
毎回そのリスク回避のために箱を購入しているのですが、あえてこのままチャレンジしてみました。

a0207624_14415261.jpg
さて、航空便を使う際、一般的な観光客が郵送したい物でNGなのは、
・お酒やジュースや調味料などの液体物
・アロマオイルや化粧品などのアルコール分を含む液体物
・生もの(日持ちしない食べ物)
・刃物
・スプレー缶
です。
なので、台湾ビールやペットボトルウーロン茶は送れません。
成分表示やラベルのない食べ物もNGです。
郵送できないけど持ち帰り可能な物は、スーツケースに入れましょう。
詳しくは日本郵便(こちら)と中華郵政(こちら)のページをご覧ください
※船便は液体もOKらしいですが、まだ試したことがありません。


【B】ラベル記入
宛名ラベルは郵便局にあります。
EMSでない普通の空輸は、このグリーンの「國際包裏五聯單」ラベルに記入します。
郵便局で書いてもいいですが、人が多く面倒。
ラベルを貰って、ホテルでゆっくり書くことをおススメします。

下写真赤枠部分が、差出人の記入欄。
詳しい書き方は過去記事(コチラ)を合わせてご覧ください。

a0207624_16591297.jpg
a0207624_10261211.jpg

ポイントは、
・航空便なので「航空」をチェック
・差出人と受取人の氏名を一致させる;商売用ではなく自分用なので
・内容物、個数、値段をインボイスと合わせる
・欄に余裕があれば、「別送品」と書く
・お土産や私物なので「禮品(Gift)」をチェック
の5点。


【C】インボイス記入
インボイスとは、別送品の明細書のことです。
2枚複写式で郵便局にありますが、中華郵政HPにもフォームがあります。
郵送の可能性があるなら、事前に印刷しておくと便利です。
郵務→其他下載の「商業發票」をDL印刷コチラ
印刷の場合は複写にならないので、2枚同じものを書くか、コピー。

a0207624_17013475.jpg
税関への申告・検査・輸入通関で必要な書類なので、正確に記入しましょう。
自分が日本から持って行った物(ガイドブックや服など)をついでに同梱する時も、中古としての値段(価値)を。
0元・0円は絶対にダメ。
心配なら「Used」と書き添えるといいと思います
詳しい書き方は過去記事(コチラ)を合わせてご覧ください。

a0207624_15344340.jpg

【D】郵便局の窓口へ差出し
箱に封をし、宛名ラベルを貼り、インボイス持参で、郵便局へ行きます。
心配なら、箱に入れた状態で封をせずに持ち込んでもOK。
窓口にガムテープが置いてあります。

箱には
・別送品
・おみやげ
・Unaccompanied Baggage
としっかり書いて表示しましょう。
これを忘れると免税にならないのでご注意!
念の為に
TO;JAPAN か TO ; 日本
も書いておくといいでしょう。
私は、ラベルが剥がれたり、読みにくくなった時のために箱にも住所・氏名を書いています

a0207624_11132246.jpg
a0207624_10565132.jpg

入口の番号札を取って、呼ばれたら窓口へ行き、荷物を差し出します。
「To Japan」と言うと、局員の方は「OK」と手続き開始。
上記【A】に書いた物品や液体・ゲル状の物が入っていないか、かなり念入りに内容物について質問されました。
液漏れして他の郵便物に影響を与えない為です、という説明もしっかりしてくれます。

寸法、重さを量って送料を計算。
提示された額を払って、控えを貰えば無事完了です。
10.54kgで1,580元(2018年11月のレートで5846円)でした。

ちなみにバニラエアの福岡=台北は、21kg以上になると5kg毎に1,000円。
発送する荷物の重量は10.54kgなので、超過荷物にすると3,000円だったことになります。
バスやMRTで空港に頑張って持って行けば、そちらが安いですね。
どちらを取るか、悩ましいところです。



【E】自宅へ到着
帰りの飛行機で配られる薄黄色の用紙「携帯品・別送品申告書」に記入し、空港の税関とやり取りしたら、あとは自宅で到着を待つのみ。
申告書の詳しい書き方は過去記事(コチラ)を合わせてご覧ください。

a0207624_17000055.jpg
航空便はおよそ7~10日で日本に到着する、と中華郵政のHP(コチラ)には書かれています。
今回、11月16日(金)の15時頃に台北の雙連郵便局に差し出し、自宅到着は11月21日(水)午前でした。
土日を挟んだので少し遅め。

a0207624_15082418.jpg
a0207624_15082987.jpg

届いたらすぐ開封し、中身を確認しましょう。
割れ物は入れてないとはいえ、まずは何も壊れてないかチェックです。
横方向から強い力で押され、段ボールは蛇腹状になっていました。
航空便でここまで変形していたのは初めてですが、中身に傷や壊れもなく、この位の変形ならまぁまぁかもしれません。

a0207624_11085774.jpg
a0207624_11090863.jpg

それよりも、やはり箱の表示と中身の表示が完全に一致しないので、開封チェックされていました。
チェックして戻す際、ポイポイ入れられたようで雑然とした中身・・・。
仕方ないですね。
税関から呼び出しもなく配達され、よかったと思います(´∀`)

a0207624_11121368.jpg

*****

思いがけない大荷物になった時は、台湾から郵送する方が安い時があります。
その可能性があるならば、事前にガムテープと油性マジックを日本から持って行くと現地で探す手間が省け、ホテルでゆっくり梱包できるので楽ですよ。

また、中華郵政の窓口はほぼ日本語が通じず、簡単な英語で話は進みます。
英語ができない方は、基本的に中文オンリーの応対です。
郵便局側も心得ているのか、問題無ければほぼ無言、何かある時は筆談で対応してくれるので心配ないと思います。
スマートフォンの翻訳アプリもありますしね。
しかし、愛想がない局員の方も結構いるので、心を強く頑張りましょう!(´∀`)




# by yaoyao55 | 2019-01-14 10:00 | 臺灣便利帳~その他。