ヨカヨカタイワン。 yokatai55.exblog.jp

フラフラと旅した記録など。時々マニアックに、我愛台湾。


by yaoyao55
プロフィールを見る
通知を受け取る

祝你旅遊愉快!

【はじめに】
九州からだと下手に国内を旅行するより安い・・・と聞いて2009年3月に初めて行ってみた台湾。
最初の1回でその魅力にどっぷりハマり、お金と時間が許す度に年に数回フラフラ行くようになりました。

a0207624_09335920.jpg

泊まったホテル・行ったお店・買った物などなど、そんな旅の記録を備忘録がてら載せていこうと思います。
同じ店に再訪した&同じ物を買った際、内容の一部を新しい情報に書き換えて再アップしています。
よって新しい記事と過去記事が前後し、ブログ内時系列がちょっとズレているところがあります。

基本的に『庶民の旅』なので、豪華なホテル・豪華な食事は一切載っていません(´∀`)哈哈哈

※価格は私が最後に行った時のものなので、現地では随時変動があると思います。常に最新情報ではないという事をご了承ください。
※この記事を常にトップにしておきたいので、年月日が未来形です。



【お願い】
拙ブログを参考に旅して下さるのは、大変大変嬉しい事です。
が、その後、
文章をコピー&ペーストして丸々切り取ったり、
他人が当ブログの記事と見間違うような構成にしたり、
そういう手段でご自分のブログ記事にするのは一切お断りします。
特に、
キュレーションサイトまとめサイト
は、もってのほかです。

もし、あなたのブログ記事にリンクして下さる場合は、該当記事の内容と共に

・ブログ名; ヨカヨカタイワン。
・URL; https://yokatai55.exblog.jp/

を併記して下さい。

*****

素人の備忘録代わりのブログといえども、
時間をかけて調べ考え、
必要とあらば中国語や英語で問い合わせをし、
何度も訪問することでお店の方と信頼関係を築いて、
・・・等と、
結構な努力・苦労・出費をして書いてます。

なので、
あまりにも悪質な丸写し記事を見つけたら、
使用料・手数料を請求させていただきます。
個人・法人問いません。
度を越して悪質な場合は、法的な解決も視野に入れさせていただきます。

最近は、平気で人の褌で相撲を取る方や会社が多くて困ります。
大手のプロサイト・台湾在住の方でもそういうことをしているのを見かけるので、驚くこともしばしばです。
地の利・資力がある人は、自力で調べて考えて書いてください。

自分の言葉で書いてない丸写しの記事は、ブログ内の時系列・文の繋がりなどで読み手にすぐわかるものです。
そして「見つからないだろう」と思ってやっても、不思議と見つかるものです。

同じ『台湾好き』な方なら、この辺りの気持ちをご理解頂けると信じています。

a0207624_09344641.jpg


2018年9月/ yaoyao55 記。

# by yaoyao55 | 2019-12-31 00:00 | 挨拶&告知。

台東・鄰家蒸餃。

※2016年1月27日の記事に、2018年再訪時の情報を加筆しています。



台東での晩御飯。
何か美味しいところはないか調べていると、鄰家蒸餃というお店を見つけました。
2015年に宿泊したホテル作成の『近隣おススメマップ』にも載っていたので早速行ってみたところ、おススメなだけある美味しさ!
また行きたいと思い続けて3年、2018年に再訪です。

a0207624_16503169.jpg
a0207624_17231757.jpg

立地は、中心部ではなく海岸通りの台11線・臨海路一段と中正路の交差する角地。
大通りですが人通りが少ない場所なので、夜間の徒歩はご注意を。
ほとんどの方が、車での来店です。

a0207624_16504335.jpg

入口の横が厨房。
軒先では、せいろで餃子が蒸されています。
すごい蒸気!

a0207624_15143010.jpg
a0207624_15183958.jpg

平屋建ての店内は、広く清潔。
客席は多めなので、よっぽどでない限り待つことはないと思います。

a0207624_17325777.jpg

店に入ると、まず人数を聞かれます。
混んでいれば、お店の方が席へ案内してくれます。
混んでなければ、注文票を貰って空いている席へ。

注文票に記入し、お店の方に渡せば注文完了。
支払いは食後でOKです。
2018年7月現在の注文票はコチラ。
事前に決めて行ってもいいですね(´∀`)


a0207624_15015923.jpg




A;2015年7月に注文したのは、以下の4品。

a0207624_15343540.jpg

鮮肉蒸餃(8粒);70元
看板料理の豚ひき肉の蒸し餃子。
皮が薄くて滑らか、中身が透けて見えます(´∀`)
破けて中のスープがこぼれない様に、そっと箸で取って下さい。
肉はむっちりとしていて、ジューシー!
薄手の皮にたっぷりの肉あんで1個1個のボリュームがあります。

a0207624_15292528.jpg

菜肉蒸餃(8粒);70元
青菜と豚ひき肉の蒸し餃子。
こちらも皮が薄く、中が透けるほど。
鮮肉蒸餃に比べて、青菜が入ってる分さっぱりめ。
野菜の甘みもあって、すごく食べやすいです。

a0207624_15313043.jpg

玉米濃湯(小);30元
とろみのある熱々なコーンスープ。
小とはいえ、結構な量です。
少食なら2人で小1つでもいいほどなので、注文時はご注意を!

a0207624_15221309.jpg


蝦仁蛋炒飯;80元
エビと卵の炒飯。
ちょっと油と塩気が強めのガッツリ系。
10~20代男子には大人気な感じです。
でもパラッと仕上がっているので、ペロリと食べてしまいました。

a0207624_15271659.jpg




B;2018年7月に注文したのは、以下の7品。

a0207624_17342575.jpg


鮮肉蒸餃(8粒);70元
前回も注文した、豚ひき肉の蒸し餃子。
安定の美味しさです。
皮のつるつるもっちり感がたまりません。
これは毎回絶対注文すべきです!

a0207624_17205083.jpg
a0207624_17223417.jpg

鮮蝦蒸餃(6粒);70元
3種の蒸餃のうち前回注文しなかった、エビの蒸し餃子です。
皮のつるつるもっちり感は同じく。
中には肉あんに包まれたぷりぷりのエビがゴロリと1匹。
ジューシーさは他の2種に負けますが、エビ好きにはたまらない美味しさ。

a0207624_17212511.jpg
a0207624_18144801.jpg

酸辣湯(小);30元
器なみなみの酸辣湯。
一口目は酸味が勝りますが、二口目以降はじわじわと辛味が追いかけてきます。
酸味と辛味のバランスがよかったです(´∀`)
具材がたくさん入っていて、これはもう食べるスープですね。

a0207624_17180897.jpg

花菇金針湯(小);60元
椎茸と金針花のスープ。
金針花はユリ科の植物で、つぼみを干して乾物にし、料理の際に戻して使います。
鉄分が多く、不眠や精神安定に効くのだとか。
花、しかもつぼみを食べるのは不思議な感じですが、クセのない風味で、食感はシャキシャキとしたインゲンのよう。
スープは椎茸のだしがよく出ていて、あっさり。
グイグイ飲んでしましました。

a0207624_17183050.jpg


肉絲蛋炒飯;70元
せん切り肉と玉子の炒飯です。
前回ほど油感はありませんが、やはりガッツリ系。
かなりお腹が空いていたので、今回もペロリと食べてしまいました。

a0207624_17192245.jpg


蒜泥白肉;100元
もう一品と思い注文した、ゆで豚バラ肉のニンニクソース。
これが大当たり(´∀`)
蒸餃の肉あんがあれだけ美味しいのですから、取り扱う豚肉も当然美味しいです。

肉自体はしっかりとした質感、噛むとギュッと旨味が出ます。
それに甘い脂身が溶け、何もつけなくても美味しい。
しかし、ドロッとしたニンニクソースを付けるとなお美味しい!
どれだけ入ってるのだと思うほどに、ガッツリとしたニンニク味。
もし徒歩やタクシーで来てるなら、ビールはマストですよ!

a0207624_17194774.jpg


小菜(メンマ);X
箸休めに、小菜から一皿。
値段は忘れましたが、盛りの割に安かった記憶。
ピリ辛でシャキシャキ、美味しかったです。
ピータンが人気のようで、他のお客さんもどしどし手に取ってました。

a0207624_18151246.jpg




*醤油・酢・辣油・千切り生姜・ネギ等の調味料類
*小皿・コップ・爪楊枝など
これらはお店の右奥の棚にあるので、料理が来る前に自分で準備しましょう。

a0207624_16555819.jpg


その右隣に
*小菜(小皿料理)の入った冷蔵庫

a0207624_16561753.jpg

小菜冷蔵庫を正面にして立った真後ろには
*飲み物の冷蔵庫

a0207624_16564562.jpg

があるので食べたい物・飲みたい物があればそれもセルフで取って、お店の人に支払いを。
※お冷はありません。
 975ml入りの爽健美茶が100元位でした。
 飲み物はどこのレストランでもありがちな「定価より高い価格」。
 びっくりしないで下さいね。

a0207624_18111312.jpg



創業は1997年と、比較的新しいお店です。
オーナー曰く、餃子の皮・あん・成型全て人の手で行うという完全手作りがこだわりだそう。
そして、美味しくてボリュームがあるのに一品一品の値段の安さにびっくりです。

台東十大小吃の1つと言われるのも納得。
台東に行ったらぜひ食べてみて下さい(´∀`)

a0207624_16210777.jpg

****************

住所; 台東市中正路48號
電話番号; 089-333-020
営業時間; 11:00~14:00、17:00~20:30
定休日; なし(休みはFBにて告知)
地図;

a0207624_16535722.jpg


# by yaoyao55 | 2018-09-21 10:00 | 飲食~東部。
※2014年に作成した記事を、定期的に更新しています。



「桃園国際空港・第2ターミナルのお店について。」という記事が当ブログにあります。
自分で書いたのに、
どんなお店があるのかはわかった、その営業時間や何階にあるかをパッと知りたい!
と思うようになったので、その簡易版という形の記事を書いてみました。
2018年から24時間営業の飲食店も少し増えています。

a0207624_22174155.jpg
※クリックで少し大きくなります。
(2018年9月19日修正)
※あくまで第2ターミナルの免税店以外です。





上の表で白と薄黄色の2つに分けてるのは、以下のとおりです。

A・白色
手荷物検査・出国審査前にしか行けないところ
(入国後、荷物を受け取って1階ロビーへ出てから行けるところでもある)

a0207624_14091994.jpg
a0207624_14094091.png
a0207624_12194851.jpg

①2階図、緑線で囲んだところに、お土産などが買えるショップが固まっています。
 緑の星印の所に、パイナップルケーキで有名な微熱山丘(SunnyHills)があります。
②2階図、赤い四角で囲んだオレンジ色の「2」のところに、ドリンクスタンドがあります。
③4階は、エレベーターもしくは3階からの階段で行けます。(エスカレーターはありません)

a0207624_14453991.png




B・薄黄色
手荷物検査・出国審査後にしか行けないところ

a0207624_14093514.jpg
a0207624_14454369.png


とにもかくにも、
「最後にコンビニで買い物したい」ならば、
「手荷物検査&出国審査」に地下2階の7-11へ。
出国審査後のエリアにコンビニはありません。



また、桃園国際空港は地図で見るよりかなり広いです。
最近は旅行者の増加で、手荷物検査や出国審査がものすごい行列になることもあります。
あまりのんびりしすぎると、乗り遅れ等の大変な事態になりかねません。
どの位広いか・どの位歩いて時間がかかるかなどは、下の記事を併せてご覧ください。


a0207624_17512620.jpg


# by yaoyao55 | 2018-09-20 10:15 | 桃園国際空港。