人気ブログランキング |

ヨカヨカタイワン。

フラフラと旅した記録など。時々マニアックに、我愛台湾。

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。

※2016年8月7日の記事の内容を、2020年4月に加筆修正しました。



その1では、
・箱の調達
・梱包
・宛名ラベルの書き方
・インボイスの書き方
・郵便局での差出
について書きました。
今回はその続きです。

*******


【1】携帯品・別送品申告書を書いて提出
帰国時の機内で配られる、薄い黄色い紙「携帯品・別送品申告書」
別送品がある場合、これを2枚貰って下さい。
そして2枚とも同じように記入し、帰国時の空港の税関で提出します。
特に下図赤枠の欄を忘れないよう記入のこと!
税関の確認印を押した1枚を受け取り、荷物が届くまで保管します。

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_17000055.jpg
※税関のサイトにある様式をあらかじめ印刷して提出してもOKです。



【2】荷物の行方をチェック
自宅に戻ったら、荷物の到着を待つだけ。
航空便はおよそ7~10日で日本に到着する、と中華郵政のHPには書かれています。

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_11410340.jpg

届くまでの間、
・中華郵政(コチラ
・日本郵便(コチラ
で配達状況を検索できます。

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_11323933.jpg
台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_11324547.jpg


今回、7月19日の午前に台北で差し出して、7月22日の午後に長崎に到着しました。
3日です。
早いですね。

EMSで郵送したこともありますが、その時も3日でした。
台北の郵便局の窓口の方が
「EMSは高い!航空便で十分!」
と言ったのも納得。

ちなみに、11kgの荷物の料金は
・EMS;1,950元
・航空便;1,580元
・船 便;1,100元(船便は2017年より値上げしました)
です。

到着までの目安日数は、
・EMS;2~3日
・航空便;7~10日
・船便;15~25日
です。

<中華郵政HP
・國際快捷  EMSの国別・重量別料金表はコチラ
・國際包裹  航空便の国別・重量別料金表はコチラ
  (亜州→日本で、査詢ボタンをクリックすればOK)
・國際包裹  船便の国別・重量別料金表はコチラ
  (亜州→日本で、査詢ボタンをクリックすればOK)



【3】届いた荷物
届いたらすぐ開封し、中身を確認。
割れ物は入れてないとはいえ、まずは何も壊れてないかチェックです。

箱自体に凹みや大きな汚れはありませんでした。
EMSや航空便では割と無事に届くようです。
船便は四角い箱が丸くなって届いた等、色々な話を耳にします・・・(´▽`ι)

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_08301512.jpg

今回も、
・内外の破損
・税関からの呼び出し
・内容物チェックの為の開封跡
はありませんでした。
インボイスは、箱の側面に。

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_08312445.jpg

たくさん切手を貼られており、消印乱れ打ちです。
足りない分は、証紙で。
いつもは証紙だけで、こんなに切手を貼られたのは初めてでした。

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_12140397.jpg


こちらは、日本の郵便局で貼られたもの。

台湾から日本へ郵便小包(航空便)で荷物を送る・その2。_a0207624_08341559.jpg


【4】その他&まとめ
結果的に、荷物は全て無事に到着しました。
中身の損傷などもなし。
預け荷物が19.9kgと19.5kgだったので、早い段階で郵送を決めてよかったと思います。
(注;2016年夏以降、エバー・チャイナはチケットクラスによって上限が30kgへ変わっています)
梱包や郵便局への持ち込みなどの手間はかかりますが、チェックインカウンターでオーバーしてないかとビクビクしないですみますよ。

次回、機会があれば船便にチャレンジしてみようと思います。









by yaoyao55 | 2020-04-04 09:00 | 郵便関係。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30